新型コロナ 函館567人過去最多 道南も750人で最多更新

函館市では16日、新たに567人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、過去最多となりました。道南でもあわせて750人と最多を更新し、増加が続いています。

函館市の1日の感染確認はこれまで最も多かったのがことし8月18日の526人で、41人上回って567人と過去最多を更新しました。
年代別にみますと、0歳が5人、1歳から4歳が22人、5歳から9歳が44人、10代が124人、20代が57人、30代が65人、40代が91人、50代が59人、60歳から64歳が27人、65歳から69歳が24人、70代が23人、80代が21人、90歳以上が5人となっています。
また市は、函館稜北病院で5人、市内の介護保険事業所で6人の感染が確認され、クラスターが発生したと発表しました。
さらに、市は、これまでに感染が確認されていた年代性別非公表の1人が死亡したと発表しました。
このほか道は、渡島地方で148人、桧山地方で35人の感染が確認されたと発表しました。
これで道南では16日、あわせて750人の感染が確認され、こちらもこれまで最も多かったことし8月18日の746人を上回って過去最多を更新し、増加傾向が続いています。