函館の観光施設「金森赤レンガ倉庫」でクリスマスの飾りつけ

函館市の観光施設「金森赤レンガ倉庫」では早くもクリスマスの飾りつけが行われ、建物をよじ登るユニークなサンタクロースが登場しました。

函館のベイエリアにある人気の観光施設、金森赤レンガ倉庫では毎年12月1日から行われるクリスマスのイベントに合わせ、装飾が行われています。
16日は営業開始前から2人の作業員が建物の外壁にサンタクロースの人形を設置しました。
サンタクロースはあわせて10体が外壁をよじ登るような形で設置され、早速観光客が写真撮影などをして少し早いクリスマスムードを楽しんでいました。
観光施設を運営する金森商船の長谷川朋美さんは「赤レンガ倉庫の冬は雪の白と赤のコントラストがとてもきれいだと思います。これからライトアップも加わってきますので、そういった景色を見ていただけたらと思います」と話していました。
金森赤レンガ倉庫の近くには、今月下旬に高さおよそ20メートルのクリスマスツリーが設置され、来月1日からは函館の冬を彩るイベント「クリスマスファンタジー」が開催されます。