初の1万人超 道内で1万906人感染確認 死亡発表も34人

15日、道内では過去最多となる1万906人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、初めて1万人を超えました。また、死者も34人と一日の発表としてはもっとも多くなりました。

15日、道内で発表された新規感染者数は、▼道が5709人、▼札幌市が3920人、▼旭川市が684人、▼函館市が326人、▼小樽市が267人の、合わせて1万906人となっています。
このうち道が発表した感染者数は医療機関の所在地別にみますと、▼十勝地方が707人、▼胆振地方が647人、▼空知地方が593人、▼石狩地方が592人、▼オホーツク地方が532人、▼釧路地方が359人、▼上川地方が270人、▼渡島地方が255人、▼後志地方が244人、▼根室地方が114人、▼桧山地方が106人、▼宗谷地方が90人、▼留萌地方が86人、▼日高地方が49人、それに▼道の陽性者登録センターが1065人となっています。
一日の発表としては、これまでで最も多かった今月9日の9545人を上回って過去最多となり、初めて1万人を超えました。
また、先週の火曜日に比べても1770人増え、感染が急速に拡大しています。
一方、これまでに感染が確認されていた人のうち、▼道が90代の男女5人、80代の男女10人、70代の男性1人、60代の女性1人、年代・性別非公表の1人、▼札幌市が90代の男女3人、80代の男女5人、70代の男性1人、50代の女性1人、▼旭川市が年代・性別非公表の3人、▼函館市が年代・性別非公表の2人、▼小樽市が80代の性別非公表の1人の死亡を発表し、道内で発表された死者数は一日としてはこれまでで最も多い合わせて34人となりました。
これで道内の感染者は、札幌市ののべ41万917人を含むのべ94万4511人となり、亡くなった人は2938人となりました。

【指標で見る道内感染状況】
15日時点の道内の感染状況について、新型コロナウイルス対策を検討するためのレベル分類の指標に基づいて見ていきます。
《全道》
全道では▼病床使用率が46.2%、▼重症者の病床使用率は8.6%、▼人口10万人あたりの直近1週間の新規感染者数は1072.0人となっています。
《札幌市》
札幌市では▼病床使用率が49.7%、▼重症者の病床使用率は8.2%、▼人口10万人あたりの直近1週間の新規感染者数は1117.2人となっています。
《札幌市を除く地域》
札幌市を除く地域では▼病床使用率が44.6%、▼重症者の病床使用率は9.0%、▼人口10万人あたりの直近1週間の新規感染者数は1044.5人となっています。
《前週比》
▼人口10万人あたりの直近1週間の新規感染者数は、前の週と比べて▽全道で1.25倍、▽札幌市で1.31倍、▽札幌市を除く地域で1.22倍といずれも1倍を超え、増加を示しています。
《まとめ》
▼病床使用率は、▽全道、▽札幌市、▽札幌市を除く地域ともに40%を超えています。
また、▼人口10万人あたりの直近1週間の新規感染者数は、▽全道、▽札幌市、▽札幌市を除く地域ともにレベル「2」の指標を大幅に超えています。

【街で聞くと】
道内で新型コロナウイルスの新規感染者数が1万人を超えて過去最多となったことについて、札幌市内では市民や観光客からさまざまな声が聞かれました。
市内に住む30代の男性は「何度も過去最多の人数が更新されているのであまり気にしていない。マスクの着用など感染対策はしているが、ある程度割り切って考えて正直、感染したらしたでしょうがないなと思っている。ただ、忘年会などの集まりはまだ控えたほうがよいのではないか」と話していました。
また、市内に住む90代の女性は「少し前には感染者数が少なくなったかなと思っていたが、油断できず不安です。経済活動との両立は難しいと思うが、感染を広げないように協力していきたい」と話していました。
一方、道外から観光で訪れた20代の男性は「新型コロナがゼロになることは不可能で『ウィズコロナ』を考えると経済活動との両立には賛成しています」と話していました。

【専門家の話】
道内で新型コロナウイルスの新規感染者数が1万人を超えたことについて、感染症学が専門の札幌医科大学の横田伸一教授は「感染者の年代を見ると10代以下のほか30代や40代で感染が広がっていることから、学校など人が集まるところで子どもたちへの感染が広がり、それが家庭内に持ち込まれたと考えられる。さらに気温低下という季節性により、感染が広がったのではないか。東京での感染拡大と同時期に北海道でも起きているので、『第8波』と呼んでよいのではないか」と話しています。
さらに、「ワクチンの免疫の持続性は3、4か月程度といわれているが、それは自然感染でも同様で、第7波で感染して得た免疫が落ちてきている可能性も考えられる。ただ、答えが見つからないというのが正直なところです」と話しています。
また、今後の見通しについては、「国内でも新たな変異ウイルスの感染が確認されていることから、それが道内に入ってくれば、感染がさらに拡大することも考えられる。またインフルエンザとの同時流行も懸念されている。ただコロナもインフルエンザも対策は変わらないので、これをいま一度しっかりしてもらいたい」と述べ、▽換気に加えて、▽感染のリスクが高い場所でのマスクの着用、それに▽手や指の消毒など基本的な対策を徹底するよう改めて呼びかけました。

【国派遣の医師5人が活動】
道によりますと、医療機関や社会福祉施設でのクラスターが増加していることを踏まえ、道内には15日現在、厚生労働省のDMAT=災害派遣医療チームの医師、あわせて5人が派遣され、釧路地方とオホーツク地方で活動にあたっているということです。
5人の医師は医療機関などで、▽患者の容体に応じた入院の調整や、▽施設のクラスター対策の指導などにあたっているということです。