福島町内唯一の高校存続へ 全国から生徒を呼び込め

道内の学校現場では少子化や人口減少が進む中、生徒数の確保が大きな課題となっています。道南の福島町にある唯一の高校、道立の福島商業高校も近年、定員割れが続き、存続が危ぶまれていますが、町は学校を残していくため、ある取り組みを始めました。その取り組みとは?