新型コロナ新規感染者9136人で過去最多更新 死者は14人

8日、道内では新たに9136人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、14人の死亡が発表されました。道内の一日の新規感染者数が9000人を超えるのは初めてで、ことし8月19日の8632人を上回り、これまでで最も多くなりました。

8日、道内で発表された新規感染者数は、▼道が4880人、▼札幌市が3185人、▼旭川市が718人、▼小樽市が263人、▼函館市が90人の合わせて9136人となっています。
このうち道が発表した感染者数は医療機関の所在地別にみますと、▼石狩地方が624人、▼胆振地方が568人、▼オホーツク地方が546人、▼十勝地方が523人、▼空知地方が409人、▼釧路地方が338人、▼上川地方が217人、▼渡島地方が208人、▼後志地方が193人、▼根室地方が111人、▼日高地方が87人、▼桧山地方が80人、▼宗谷地方が61人、▼留萌地方が45人、それに▼道の陽性者登録センターが870人となっています。
一日の新規感染者数としてはこれまでで最も多かったことし8月19日の8632人を504人上回り、過去最多となりました。
一日の新規感染者数は先週の火曜日に比べて1498人増え、増加傾向が続いています。
一方、これまでに感染が確認されていた人のうち、▼道が70代の男女2人と80代の女性1人、100歳以上の男性1人、年代・性別非公表の1人、▼札幌市が40代の女性1人と70代の女性1人、80代の男女3人、90代の女性2人、▼旭川市が90歳以上の女性1人、▼函館市が年代・性別非公表の1人の死亡を発表し、8日に発表された道内の死者は合わせて14人となりました。
これで道内の感染者は、札幌市ののべ38万8958人を含むのべ88万8875人となり、亡くなった人は2814人となりました。

【指標で見る道内感染状況】
8日時点の道内の感染状況について、新型コロナウイルス対策を検討するためのレベル分類の指標に基づいて見ていきます。
《全道》
全道では▼病床使用率が39.8%、▼重症者の病床使用率は4.8%、▼人口10万人あたりの直近1週間の新規感染者数は855.5人となっています。
《札幌市》
札幌市では▼病床使用率が45.6%、▼重症者の病床使用率は2.0%、▼人口10万人あたりの直近1週間の新規感染者数は850.1人となっています。
《札幌市を除く地域》
札幌市を除く地域では▼病床使用率が37.1%、▼重症者の病床使用率は6.7%、▼人口10万人あたりの直近1週間の新規感染者数は858.8人となっています。
《前週比》
▼人口10万人あたりの直近1週間の新規感染者数は、前の週と比べて▽全道が1.33倍、▽札幌市が1.35倍、▽札幌市を除く地域が1.32倍といずれも1倍を超え、増加を示しています。
《まとめ》
▼病床使用率は、▽全道、▽札幌市、▽札幌市を除く地域ともにレベル「2」の指標の「20%」を上回り、札幌市では40%を超えています。
また、▼人口10万人あたりの直近1週間の新規感染者数は、▽全道、▽札幌市、▽札幌市を除く地域ともにレベル「2」の指標を大幅に超えています。

【換気減など要因か】
新規感染者数の増加について、道は、▼気温が下がり、室内を換気する機会が減っていることや、▼人の動きが活発になっていることが主な要因として考えられるとしています。
その上で、「増加のピークは見通せず、これまでの傾向を考えると、感染者数は引き続き、高い水準で推移する可能性もある」としています。
道は、▼可能なかぎり室内の換気を行い、▼マスクの着用や消毒など基本的な対策をとること、それに▼ワクチン接種を積極的に検討するよう呼びかけています。