農業用ドローンのショールームも オホーツクで活用広がる

北見市にこの夏、農業用のドローンを展示するショールームがオープンしました。農薬を散布するドローンはコメや小麦栽培が先行する形で使われてきましたが、認可される薬剤が年々増えて、畑作中心のオホーツク地方でも広がりを見せています。実際にどのように活用されているのか現場を取材しました。