26日から新型コロナ全数把握見直し 道サポートセンター開設

新型コロナウイルスの患者の全数把握を見直し、詳しい報告の対象を高齢者などに限定する運用が26日から始まります。
道は報告の対象外となる患者から体調の相談などを受け付けるサポートセンターを開設し、療養期間中の支援にあたる方針です。

厚生労働省は、これまですべての新型コロナ患者を対象に医療機関に求めていた詳しい報告について、▽65歳以上の人や▽入院が必要な人など、重症化リスクの高い人に限定する運用を、26日から全国一律の措置として始めます。
これを受けて、道は、詳しい報告の対象外となる自宅療養者などから保健所に代わって体調の相談などを受け付ける「陽性者健康サポートセンター」を新たに開設しました。
保健所を設置する札幌市や函館市、小樽市、旭川市も同様の窓口を設けることにしていて報告の対象外となる患者から相談を受け付け、療養期間中の支援にあたる方針です。
また、札幌市などは陽性と判明したあとの対応をまとめたリーフレットを新たに作ったり、必要に応じて宿泊療養施設を案内したりしてスムーズな支援につなげることにしています。