道 新型コロナ全数把握見直しでサポートセンター開設へ

新型コロナウイルスの患者の全数把握の見直しが今月26日から全国一律で始まるのを前に、道は詳しい報告の対象外となる患者からの相談などに応じる「陽性者健康サポートセンター」を開設することになりました。

厚生労働省がこれまで医療機関に求めていたすべての新型コロナ患者の詳しい報告について今月26日から65歳以上の人や入院が必要な人など重症化リスクの高い人に限定する運用を始めるのを前に、道は20日の対策本部会議で今後の対応をまとめました。
それによりますと、道は詳しい報告の対象外となる自宅療養者などから保健所に代わって体調の相談などを受け付ける「陽性者健康サポートセンター」を22日に開設し26日から運用を始めます。
道はキットによる自己検査で陽性となった人に結果を登録してもらう「陽性者登録センター」とあわせ詳しい報告の対象外となる患者を支援する考えです。
鈴木知事は会議で、「短期間での移行となるが各センターへのアクセス方法などをさまざまな媒体を活用し道民に周知するように」と指示しました。
一方、参加したイベントなどで感染者が確認された場合、メールで通知する「北海道コロナ通知システム」は今月25日で廃止とすることになりました。