八雲町の見どころやグルメ情報紹介 観光マップが完成し配布

八雲町は町内の見どころやグルメ情報を紹介する新たな観光マップを作成し、観光客などに配布するイベントが開かれました

配布イベントは今月17日に噴火湾パノラマパークで開かれ、町の内外から訪れた人たちが受け取ったマップで見どころなどをチェックしていました。
新たな観光マップはA4サイズで、グルメや歴史など7つのジャンルごとに作成され、町内の飲食店や、観光名所など知りたい情報に合ったマップを利用できるようになっています。
観光マップをもらった60代の男性は「八雲町という町を良く、深く知ることができるガイドマップで、情報量がとても豊富だと思いました」と話しました。
観光マップを作成した八雲町地域おこし協力隊の山本理咲さんは「八雲町では以前は古い情報が載ったマップやパンフレットしかなく、情報を一新したマップを作りたいと思ったのがきっかけです」と話していました。
観光マップは2万部あまりが作成され、町内の施設や飲食店などに設置されているほか、八雲町は今後、町外でも配布していきたいとしています。