空き家流通促進で信金と紹介サイトの運営会社が連携協定

人口減少などで道南でも増え続ける空き家の問題の解決につなげようと、ただで譲り渡したいという空き家を紹介するサイトの運営会社と、地元の信用金庫が協定を結びました。

協定を結んだのは、道南うみ街信用金庫と、旭川市に本社があり無償譲渡の空き家物件を紹介するマッチング支援サイトの運営会社、「0円都市開発合同会社」で、14日函館市内で締結式が行われました。
このサイトは売れない空き家の処分に困りただで譲り渡したい所有者と、それを活用したい人を結びつけるもので、空き家の流通を促すことで地域の活性化を目指しています。
信用金庫は、支店にリーフレットを置いたり、地域の空き家情報を持つ道南の各自治体に働きかけたりしてサイトの周知を図っていくということです。
道南うみ街信用金庫業務部地域貢献課の原公俊上席課長は「空き家が流通し、地域が活性化するよう所有者にサイトを知ってもらいたい」と話していました。