公費使っての知事の「国葬」参列 市民団体が取りやめを要請

鈴木知事の安倍元総理大臣の「国葬」への参列をめぐり、道内の市民団体は12日、道に対し、「国葬」は法的な根拠に疑問があり、公費を使っての知事の参列はふさわしくないとして取りやめるよう要請しました。

市民団体の「戦争させない市民の風・北海道」などは道庁で記者会見し、今月27日に行われる安倍元総理大臣の「国葬」について、法的な根拠に疑問があるうえ、安倍元総理大臣への評価を反対する人に強制し、世論の分断を激化させかねないと訴えました。
そして、公費を使っての知事の参列はふさわしくないとして取りやめるよう求める要請書を道に提出しました。
市民団体の山口たか共同代表は記者会見で、「民主主義の危機だと思っている。そのような『国葬』に公費で参列することはすべきではない」と述べました。

一方、道議会の立憲民主党会派は鈴木知事に対し、参列を取りやめるよう求める抗議文を提出しました。
抗議文では、「報道各社の世論調査で『国葬』への反対論が強まる中、公費による出席を決定した鈴木知事は民意をないがしろにしていると言わざるを得ない。厳重に抗議するとともに、『国葬』への出席と道が管理する施設への半旗の掲揚を取りやめるよう強く求める」としています。
このあと、会派の会長を務める北口雄幸道議会議員は記者団に対し、「多くの道民が『国葬』に疑念を持っている状況の中で道民を代表して弔意を示すというのは疑問だ。拙速な判断で抗議する」と述べました。