生後4か月と2歳児残しパチンコ 保護責任者遺棄罪で有罪判決

釧路市で幼い子ども2人を自宅に残したままパチンコに出かけ、半日以上放置したとして保護責任者遺棄の罪に問われた35歳の被告について、釧路地方裁判所は執行猶予の付いた有罪判決を言い渡しました。

阿部光浩被告(35)はことし6月、当時住んでいた釧路市でパチンコをするために外出し、生後4か月と2歳の幼い兄弟をおよそ13時間半にわたって放置したとして保護責任者遺棄の罪に問われました。
兄弟のうち4か月の赤ちゃんはその後、搬送先の病院で死亡しましたが、捜査段階では放置と死亡との関係は認められなかったということです。
12日の判決で釧路地方裁判所の石川貴司裁判官は「わずか2歳の子どもと首もすわっていない生後4か月の赤ちゃんを置き去りにした危険な行動だ。居間に見守りカメラを設置したり赤ちゃんの口元に哺乳瓶を置いたりしていたが、保護につながり得る措置とは認められない」と指摘しました。
その上で、「パチンコをしたいという動機に酌むべき事情はない。事件の前にも子どもを置き去りにしてパチンコに行くことを繰り返していて、規範意識が低下していた」と指摘し、懲役1年6か月、執行猶予3年を言い渡しました。
この事件では、当時、一緒にパチンコに出かけた未成年の母親については家庭裁判所がことし7月の少年審判で保護処分の決定をしています。

【「見守りカメラ」について】
今回の事件で注目されたのが「見守りカメラ」です。
阿部被告は、スマートフォンから遠隔操作が可能な見守りカメラを自宅の居間に設置していました。
2歳の長男がカメラの前を通り過ぎるとセンサーで検知し、スマートフォンに通知が届く仕組みになっていたということで、被告はパチンコをしている間、長男がご飯を食べたり、おもちゃで遊んだりしている様子などを確認していたということです。
裁判の中で阿部被告は「見守りカメラを確認することで『命の危険はないだろう』と判断してしまった」と話しました。
一方、カメラが設置されていたのは居間のみで、別の部屋で寝ていた生後4か月の次男の様子を確認することはできなかったということで、これまでの裁判で検察は「カメラの存在によって保護が十分になされていたとは到底いえない」と指摘しました。
また、12日の判決で釧路地方裁判所の石川貴司裁判官も「見守りカメラを設置して通知が被告に送られる状態にあったものの、そもそも自宅から離れていて保護できない状態に変わりはなかった」と指摘しました。