「豊頃町役場など爆破」予告メールに1日半気づかず

7日、十勝の豊頃町役場に役場の庁舎や公共施設の爆破を予告するメールが届いていたことがわかりました。一方、職員がメールに気づいたのは1日半たってからだったいうことで、町では今後、メールのチェック体制を強化することにしています。

豊頃町によりますと、7日午前5時前、町への意見などを募るメールアドレスに「7日午後1時34分以降に役場や町内の公共施設を爆破する」などというメールが届いたということです。
しかし、職員がメールに気づいたのはメールが届いてからおよそ1日半たった8日の正午前だったということです。
その後、豊頃町が110番通報し、警察が役場の庁舎や公共施設を調べた結果、爆発物などは見つからなかったということですが、職員と来庁者あわせて65人を一時、庁舎から避難させたということです。
町によりますと、メールは通常、企画課の職員2人が1日数回程度確認することになっていますが、おとといはほかの業務で忙しく、メールをチェックできていなかったということです。
豊頃町は「今後は最低でも1日に数回、複数人の目でメールをチェックする体制をつくりたい」と話しています。