寺田総務相が夕張視察“着実な再生に向け道と連携し取り組む”

寺田総務大臣は8日夕張市を訪れて鈴木知事と夕張市の厚谷司市長と会談し、夕張市の財政再生計画が着実に進むよう、道とも連携して取り組みを行う考えを示しました。

寺田総務大臣は8日、夕張市を訪れ、図書館や福祉施設が一体となった公共複合施設などを視察しました。
このあと寺田総務大臣は鈴木知事と夕張市の厚谷市長と非公開で会談し、財政再生計画やまちづくり計画の進捗状況などについて意見交換を行いました。
この中で鈴木知事と厚谷市長は、▽国へ返す「再生振替特例債」の償還後のまちづくりを見据えた財政再生計画の一部変更に伴う事務手続きの簡素化や、▽円安や物価高によって建築資材が高騰するなど大きな影響を受けているとして、支援を要望したということです。
寺田総務大臣は会談のあと「事務手続きの簡素化は検討を開始するよう実務者レベルに指示する。夕張市の再生を着実に進めるべく北海道とも連携して取り組みを進める」と述べ、夕張市の財政再生計画が着実に進むよう、道とも連携して取り組みを行う考えを示しました。
また、鈴木知事は「財政再生計画がスムーズにいくよう計画の見直しを柔軟に行い、実務者レベルで国と道、それに市の3者で協議を続けていきたい」と述べました。