稚内市などに食中毒警報 食品の取り扱いに十分注意

稚内保健所は、気温や湿度が高い日が続いて食中毒が起きやすくなっているとして、23日、「食中毒警報」を出しました。「食中毒警報」は上川地方の一部と、留萌地方のすべての自治体で出されています。食品の取り扱いに十分注意してください。

稚内保健所は、22日までの2日間、最低気温が20度以上、湿度が75%以上の状態が続いたことから食中毒が起きやすくなっているとして、23日午前10時に稚内市と猿払村、豊富町と幌延町に「食中毒警報」を出しました。
「食中毒警報」は上川地方の一部と、留萌地方のすべての自治体で出されています。
期間は、名寄保健所と富良野保健所、留萌保健所の管内、宗谷南部の浜頓別町と中頓別町、枝幸町は24日の午前10時まで、稚内市と猿払村、豊富町と幌延町は25日の午前10時までです。
各保健所は、調理や食事の前は手洗いを徹底すること食品を室温で放置せずできるだけ早く調理して食べること、食品は5度以下の低温で保管することなどを求めています。
また、調理の注意点として魚介類は水でよく洗うこと、食品はなるべく加熱することなどを呼びかけています。
食品の取り扱いに十分注意してください。