日本海側と太平洋側 夜遅くにかけ土砂災害などに警戒

道内は前線を伴った低気圧の影響で大気の状態が不安定となっていて、今金町と登別市ではこの24時間に降った雨の量が200ミリを超えました。気象台は、日本海側と太平洋側では16日夜遅くにかけて、土砂災害などに警戒するよう呼びかけています。

札幌管区気象台によりますと、道内は前線を伴った低気圧が付近を通過している影響で大気の状態が不安定になっています。
16日午後5時までの24時間に降った雨の量は、今金町で観測史上最多の225.5ミリ、登別市で212.5ミリ、長万部町で観測史上最多の192ミリ、奥尻町で観測史上最多の191.5ミリなどとなっています。
17日午後6時までの24時間に降る雨の量は、道内の多いところで30ミリと予想されています。
気象台は16日夜遅くにかけて日本海側と太平洋側で土砂災害や河川の増水、それに氾濫に警戒するよう呼びかけています。
また、道内の広い範囲で17日明け方にかけて、土砂災害や低い土地の浸水、それに河川の増水に十分注意するよう呼びかけています。