北海道内で激しい雨 太平洋側西部で土砂災害に厳重警戒

道内は前線を伴った低気圧の影響でところによって激しい雨となっていて、道南の八雲町では16日午前7時までの6時間に降った雨の量が100ミリを超えました。気象台は太平洋側西部では16日昼前にかけて土砂災害に厳重に警戒するよう呼びかけています。

札幌管区気象台によりますと、道内は前線を伴った低気圧が付近を通過する影響で15日夜から広い範囲で断続的に雷を伴った激しい雨が降っています。
16日午前7時までの12時間に降った雨の量は、登別市で166.5ミリ、八雲町で140ミリ、奥尻町で131.5ミリなどとなり、このうち八雲町では午前1時からの6時間で102ミリの雨を観測しました。
雨はこの時間帯にピークを迎えていますが、今後も降り続く見通しで、16日に予想される1時間に降る雨の量は、いずれも多いところで日本海側南部と太平洋側西部で50ミリなどとなっています。
17日午前6時までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで日本海側北部と南部、太平洋側西部で150ミリ、太平洋側東部とオホーツク海側南部で80ミリ、オホーツク海側北部で60ミリと予想されています。
また、風も強まっていて、16日の最大瞬間風速は日本海側南部の陸上で35メートル、海上で30メートル、太平洋側西部の陸上で25メートル、海上で30メートルと予想されています。
気象台は16日昼前にかけて太平洋側西部では大雨による土砂災害に厳重に警戒するとともに、日本海側南部と太平洋側西部では土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒を、そのほかの地域でも、土砂災害などに十分注意するよう呼びかけています。
このほか気象台は日本海側南部では昼前にかけて暴風にも警戒するよう呼びかけるとともに、日本海側と太平洋側西部を中心に竜巻などの激しい突風や落雷、ひょうのおそれがあるとして、農作物の管理や屋外での活動などに注意するよう呼びかけています。