猿払村で猛烈な雨相次ぐ あす以降 道内大雨の見込み

道内は大気の状態が不安定になり、宗谷地方の猿払村では1時間におよそ80ミリから100ミリの猛烈な雨が相次いで降ったとみられます。道内は、15日も夜のはじめごろから16日にかけて大雨となる見込みで、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。

宗谷地方の猿払村付近では14日午後、レーダーによる解析で1時間に80ミリから100ミリの猛烈な雨が相次いで降ったとみられ、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を3回発表しました。
札幌管区気象台によりますと、道内は、15日も日本海から前線を伴った低気圧が近づく影響で、夜のはじめごろから16日にかけてところによって断続的に雷を伴った激しい雨が降る見込みです。
15日予想される1時間の雨量は、いずれも多いところで、日本海側南部と太平洋側西部で30ミリとなっています。
また、16日午後6時までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで日本海側南部と太平洋側西部で100ミリから150ミリ、日本海側北部と太平洋側東部で50ミリから100ミリと予想されていて、その後、さらに多くなる見込みです。
雨雲の動きや発達の程度によっては、警報級の大雨になるおそれもあります。
気象台はこれまでの大雨で地盤の緩んでいるところがあることから、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意するよう呼びかけています。