函館でトウモロコシ畑が食い荒らされる被害 現場にクマの足跡

7日朝早く、函館市桔梗町でトウモロコシ畑が動物に食い荒らされているのが見つかりました。警察は現場で見つかった足跡からヒグマによる被害とみて注意を呼びかけています。

警察によりますと、7日午前5時ごろ函館市桔梗町でトウモロコシ畑が動物に食い荒らされているのを所有者の男性が見つけ警察に届け出ました。
警察が調べたところ畑に植えてあったトウモロコシおよそ50本がなぎ倒されたり食べられたりしていて、近くで幅16センチほどのクマの足跡が見つかったことから畑を荒らしたのはクマとみられています。
1週間ほど前には現場から直線距離でおよそ500メートル離れた隣の七飯町の畑でもクマの足跡が見つかっています。
警察は同じ個体のクマが付近に潜んでいる可能性もあるとみてパトカーを出して警戒にあたるとともに周辺の住民に注意を呼びかけています。