函館市電 「箱館ハイカラ號」 明治のレトロなデザイン再現

函館市電で明治時代のレトロなデザインを再現した「箱館ハイカラ號」の運行が先月から始まっています。

「箱館ハイカラ號」は大正時代から昭和初期にかけて走っていた車両を平成4年に函館市の市制施行70周年記念事業の一環として復元したもので、ことしで30年を迎えます。
内装の多くは木製で明治時代のレトロなデザインを再現しています。
新型コロナ感染防止のためおととしから運休していましたが、ことしは感染対策として車内の窓をすべて開けて先月から営業を再開しています。
乗車した市民や観光客が写真を撮ったり車窓からの眺めを楽しんだりしていました。
「函館ハイカラ號」に乗った函館市に住む70代の女性は「なかなか見られないので感動しました。これからも走り続けてほしいです」と話していました。
「箱館ハイカラ號」はことし10月31日まで運行します。