道南の津波被害想定 最大5万4000人余死亡 迅速避難で減

「千島海溝」と「日本海溝」で、巨大地震と津波が発生した場合の自治体別の被害の想定を道が公表しました。道南では最悪の場合、10の市と町で津波による死者が5万4000人あまりに上る一方、迅速に避難を行えば被害を大幅に減らすことができるとされています。

日本海溝沿いでマグニチュード9.1の巨大地震が発生した場合、道南では太平洋沿岸の各地に津波が押し寄せ、函館市で最大8.7メートル、最も高い鹿部町で最大11.9メートルにのぼると想定されています。
この想定に基づいて道は、自治体ごとの被害想定をまとめました。
想定は、地震が「夏の昼間」と「冬の夕方」、「冬の深夜」に発生した場合に分けて出されていて、いずれかの時間帯で最悪の場合、津波による死者は、函館市で2万9000人、北斗市で1万8000人、八雲町で3400人、鹿部町で1800人、森町で1500人、長万部町で1200人、木古内町で1000人、福島町で390人、知内町で380人、松前町で10人と想定されています。
道南全体の死者の数は、雪などの影響で避難に時間がかかる「冬の夕方」に地震が起きた場合に最も多くなると想定され、あわせて5万4680人に上ります。
一方、迅速に避難を行った場合にはいずれの自治体でも被害を大幅に減らすことができるとされました。
例えば、冬と比べて避難がしやすい「夏の昼間」であれば、函館市では2万8000人にのぼる恐れのある死者を120人に、北斗市では1万人を110人に減らすことができると想定されています。
また、「冬の夕方」の場合は、函館市で2万9000人にのぼる死者を2200人に、北斗市で1万7000人を5800人に減らすことができるとされています。
道は今回の想定を踏まえて年内に被害を減らす減災目標を定める方針です。

【北斗市 ”迅速避難へ対策強化“】
道が公表した想定で、最悪の場合、1万8000人が津波で死亡するとされた北斗市の楠川修総務課長は「非常に大きな人的被害が示されているが、東日本大震災を教訓に、迅速な避難態勢の構築などソフト面の対策に取り組んできたので、過敏に反応するものではないと受け止めている」と話しています。
そのうえで、早期の避難の有無によって被害想定が異なることについて、「早期避難の減災効果があらためて示されている。迅速な避難の構築といったソフト面の対策強化と避難路となる新たな避難道路の整備など対応を進めていきたい」と話していました。
北斗市では、避難施設の整備費用の補助率引き上げなどを盛り込んだ特別措置法の活用も視野に検討を進めるということです。