縄文遺跡群 世界文化遺産1年 登録効果をどう持続させるか

「北海道・北東北の縄文遺跡群」が世界文化遺産に登録されてから、27日で1年になります。

このうち2つの遺跡がある函館市の南茅部地区ではこの1年で訪れる人が増えるなど登録の効果が現れています。一方で、その効果をいかに持続させて地域の活性化につなげるか、地元で始まった新たな取り組みを取材しました。