道南の森町の海で遊泳中の高校生溺れ 意識不明

26日昼すぎ、道南の森町の漁港近くの海で泳いでいた男子高校生が溺れ、病院に搬送されましたが意識不明の重体になっています。

26日午後1時すぎ、森町の砂原漁港近くの海で「3人で泳いでいて1人が溺れた」と警察に通報がありました。
警察によりますと、溺れたのは地元の高校に通う2年生の男子生徒で、警察が岸に引き上げ、ドクターヘリで函館市内の病院に搬送されましたが、意識不明の重体だということです。
警察によりますと、男子生徒は友人2人と泳ぎにきていたということで、警察が当時の詳しい状況を調べています。
現場は、砂原漁港の近くの波消しブロックが設置されている海岸で、海水浴場にはなっていないということです。