市立函館高校で模試成績など流出・SNS掲載 部内者の仕業か

函館市の市立函館高校で、生徒3人の模擬試験の成績や偏差値などの個人情報が流出してSNSに投稿され、90人ほどが閲覧していたことがわかりました。

市立函館高校によりますと、今月18日、生徒3人の模擬試験の成績や偏差値などの個人情報がSNSの「インスタグラム」に一時掲載され、50分ほどで削除されましたが、その間に90人ほどが閲覧していたということです。
この高校では、生徒の成績などは教員がインターネット上で学習支援ソフトを使って管理していましたが、高校によりますと、何者かが教員のIDとパスワードを使って成績などの情報を入手して3人とは別の生徒1人に流出させ、この生徒が「インスタグラム」に掲載していたということです。
この高校では、生徒用のタブレット端末を使ってIDとパスワードを入力していたケースもあり、その端末では、成績などの情報が誰でも閲覧できる状態になっていたということです。
高校では、外部からのサイバー攻撃などの形跡はなく、高校の内部で、何者かがこのタブレット端末を使って情報を入手した可能性が高いとしています。
市立函館高校は「生徒が授業で使うタブレット端末を業務で使用していたほか、端末の使用記録が正確に残されていないなど、学校の管理が不十分だった。生徒や保護者におわびしたい」としています。