来年春の函館市長選挙 新人・大泉潤氏が立候補の意向

来年春に行われる函館市の市長選挙に、市保健福祉部長を務める大泉潤氏が立候補する意向を固めました。

任期満了に伴う函館市の市長選挙は、来年春の統一地方選挙で行われる予定です。
市保健福祉部長を務める大泉潤氏は、この市長選挙に立候補する意向を固め、12日、今月末付けで退職するとした辞表を提出しました。
このあと大泉氏は、記者団に対し、「ゼロからコツコツと歩きながら始める選挙戦になると思うので、態勢が固まってきたときにまた話をしたい」と述べました。
大泉氏は俳優の大泉洋さんの兄で、現在は保健福祉部門の責任者として新型コロナウイルス対応などにあたっています。
函館市長選挙をめぐって、3期務める現職の工藤寿樹市長は態度を明らかにしておらず、12日も工藤氏は記者団に対し、「原油高や物価高で市民生活や事業者の活動が大変な中であり、仕事に没頭し、邁進する決意だ」と述べるにとどめました。