共和町の新たな特産に 「らいでんメロン」の酒が完成

メロンの生産が盛んな後志の共和町の新たな特産品にしようと開発が進められてきたメロンを使ったお酒が完成しました。

このお酒は共和町のブランドの「らいでんメロン」を使い、小樽市にある酒造会社がこのほど完成させました。
らいでんメロンの果汁に共和町の米で作ったこうじを加えて発酵させることで酒造りは進められ、メロンの風味にほのかに酸味が感じられ、引き締まった味わいに仕上がっているということです。
町は、味やパッケージについて、町や地元の農協関係者などからもアンケートを取って改善を図ってきました。
酒造会社の岡田栄造専務は「お米を加えて発酵させて造るメロンのお酒はほとんどないと思います。北海道の夏も暑いのできりっと冷やして味わっていただければ」と話していました。
共和町の成田慎一町長は「共和町のらいでんメロンを一緒に味わっているんだなという思いで飲んでいただいて、共和町を思い出しながら飲んでいただきたい」と話していました。
このお酒は、小樽市の田中酒造のほか、共和町や札幌市の酒屋などで数量限定で販売されています。