銃撃事件受け参院選各陣営 街頭演説や集会取りやめる動きも

安倍元総理大臣が銃撃されたことを受けて、参議院選挙の北海道選挙区に立候補している各陣営の中には8日の街頭演説を取りやめる動きも見られました。

このうち、▽自民党は街頭演説は続けていますが、予定されていた大規模な集会などは中止しました。
▽共産党も街頭演説を続けています。
一方、▽立憲民主党は一時、街頭演説を取りやめましたが夕方から再開させました。
▽国民民主党、▽NHK党は終日、街頭演説を取りやめました。
8日、街頭演説を行った候補者は演説の中で、「暴力行為で言論が封殺されることはあってはならない」とか、「思想信条や意見が違っても、このような卑劣な行為は断じて許すわけにはいかない」などと非難していました。

【道内各党のコメント】
安倍元総理大臣が銃撃されたことについて道内、各党の反応です。
▼自民党道連は「あってはならない事態で、いかなる理由があっても暴力は絶対に許すことは出来ない。断固非難する。無事の回復を祈っている」とコメントしています。
▼立憲民主党道連は「民主主義に真っ向から敵対する行為であり、断固抗議する。このような行為で言論が封殺されることはあってはならず、毅然と戦っていく」とコメントしています。
▼公明党道本部は「民主主義の根幹をなす選挙期間中に、言論を封殺するような暴挙は断じて許すことはできない。今後、事件の背景など徹底した原因究明を求めたい」とコメントしています。
▼日本維新の会道総支部は「民主主義に対する挑戦だ。このようなテロ行為はあってはならず、厳しく糾弾する。とにかく回復を願うばかりだ」とコメントしています。
▼国民民主党道連は「決して許される行為ではない。民主主義の最大の発露である選挙の最中に暴力で言論を封殺することは許されない」とコメントしています。
▼共産党道委員会は「自由な言論をテロで封殺しようとする許しがたい蛮行だ。民主主義に対する最大の破壊行為として強く非難する。ご回復を強く願っている」とコメントしています。