【懐かしの鉄路】美幸線“日本一の赤字路線”今はトロッコで…

道北・オホーツク地方にはかつて、鉄道が各地に敷かれ、生活、物流、観光の足として利用されていました。
その多くは廃線。今はもう、列車が走る姿は見られません。
「ほっとニュース道北オホーツク」では、「懐かしの鉄路・廃線紀行」と題して、かつて、道北・オホーツク地方で親しまれていた鉄道の風景を映像で振り返ります。
3回目は「美幸線」です。
道北の美深町内を走っていた短い路線で、美深駅から仁宇布駅までの21.2キロの区間で運行されていました。
「美」は美深町の美、「幸」は枝幸町の幸で、その名のとおり、鉄路はオホーツク海側の北見枝幸駅まで、仁宇布駅からさらに延びる計画でしたが、実現はなりませんでした。
“日本一の赤字路線”として知られた美幸線。その逆境を乗り越えようと、地元は奮闘していました。
当時の美深町長が東京・銀座で切符を売りさばいたのは有名な話です。
1985年(昭和60)年、21年の歴史に幕を下ろした美幸線。
地元の人たちの要望によって、終点の仁宇布駅から5キロにわたって線路が残されました。
その線路の上を、有料ですがトロッコで走ることができます。
橋の上を渡ったりシラカバの木々を抜けたりする往復10キロのコースで、この時期、風も心地よくてとてもオススメだということです。
 
(「ほっとニュース道北オホーツク」で7月5日放送)