上川町の魅力や課題は? 町民に聞きます まちづくりに反映へ

上川町は町民に直接、町の魅力や課題を尋ねて、今後のまちづくりにつなげようという取り組みを始めました。

取り組みでは上川町から委託を受けた東京のデザイン会社が町民およそ20人に話を聞き、町の魅力や課題をまとめて来月中旬、町に報告します。
このうち地域おこし協力隊の女性は最近の上川町の変化や変わってほしいことを尋ねられ、「SNSの普及で町の魅力を発信しやすくなっています。自然豊かですばらしい町なので、どんどん人が訪れるようになってほしい」と答えていました。
また、子育て中の別の女性は町の魅力を尋ねられ、「散歩をしていてもみんなが気軽に声をかけてくれ立ち話ができる町です。自分はひとりではないと心が軽くなります」と答えていました。
一方、2人に話を聞いたデザイン会社「グッドパッチ」のデザイナー、米田真依さんは「町での暮らしや人付き合いのようすがよく分かりました。上川町のすばらしさをわかりやすくまとめて伝えたいです」と話していました。
調査を依頼した上川町東京事務所の三谷航平さんは「役場の職員だけでは気付きにくい町の魅力を教わり、今後のまちづくりに活用していきたい」と話していました。