国後島で見つかった遺体 乗客・乗員のDNA一致とロシア当局

知床半島沖で観光船が沈没した事故で、北方領土の国後島で見つかった2人の遺体について、ロシア当局がDNA鑑定を行った結果、行方不明になっている乗客・乗員のDNAの資料と一致したと日本側に連絡があったことが分かりました。遺体が引き渡されたあと、日本側でも身元の特定が進められる見通しです。

ことし4月、知床半島の沖合で観光船「KAZU 1」が沈没した事故では14人が死亡し、いまも12人の行方が分かっていません。
事故のあと、北方領土の国後島では男女2人の遺体が見つかり、ロシア当局がDNA鑑定を進めていましたが、行方不明になっている乗客・乗員のDNAの資料と一致したと、外交ルートで日本側に連絡があったことが関係者への取材で分かりました。
一致したのは甲板員の男性と北海道の女性のDNAの資料だったということです。
今後、遺体の引き渡しの時期や方法について調整を進め、引き渡しが行われたあと、日本側でもDNA鑑定を行い、身元の特定が進められる見通しです。