日本海側南部は24日昼前にかけて暴風に警戒

道内は、発達した低気圧が通過する影響で、25日にかけて風や雨が強まる見込みで、気象台は、日本海側南部では24日昼前にかけて暴風に警戒するよう呼びかけています。

札幌管区気象台によりますと、道内は前線を伴った低気圧が25日にかけて発達しながら通過する影響で、日本海側では、24日昼過ぎにかけて、海上を中心に風が非常に強まる見込みです。
午前6時までの最大瞬間風速は▼日本海側の増毛町で25.6メートル▼札幌市で21.5メートル▼後志の寿都町で21.3メートルを観測しました。
24日予想される最大瞬間風速は、▼日本海側南部の陸上で35メートル▼日本海側と太平洋側、それにオホーツク海側の海上、日本海側北部の陸上で30メートルとなっています。
また、日本海側南部を中心に24日朝から断続的に雷を伴った非常に激しい雨が降り、25日にかけて大雨になるところがある見込みです。
24日予想される1時間に降る雨の量はいずれも多いところで▼日本海側南部と太平洋側西部で50ミリ▼そのほかの地域で30ミリとなっています。
25日午前6時までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで▼太平洋側西部で180ミリ▼日本海側南部で150ミリ▼日本海側北部で120ミリなどと予想されています。
気象台は、日本海側南部では24日昼前にかけて暴風に警戒し、日本海側と太平洋側西部では、25日にかけて、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、それに河川の増水に十分注意するよう呼びかけています。