浦河町で日高昆布の漁始まる

日高の浦河町で特産の日高昆布の漁が始まり、21日朝、次々と昆布が水揚げされました。

日高地方で採れる日高昆布は、柔らかく香りがよいことから料理のだしや煮物の具材として使われ、全国に出荷されています。
浦河町では21日から今シーズンの漁が始まり、午前4時半ごろ、漁の開始を知らせる旗が掲げられると、漁業者たちは小型船に乗り込んで漁場に向かいました。
沖では、長さおよそ3メートルのさおで昆布をねじり取り、次々と船の上に引き上げていました。
船が昆布でいっぱいになると浜に戻り、地元の人たちが干し場で水揚げした昆布を1枚ずつ丁寧に並べる天日干しの作業をしていました。
長年、昆布漁を続けている柵山範夫さんは「ことしは昆布が特別長いし、例年より実入りがいい。日高昆布はおつゆのだしにするとおいしいと思います」と話していました。
浦河町の昆布漁は10月ごろまで続きます。