道南など中心に夏日 本格運転前にエアコンのチェックを

道内は20日も道南などを中心に25度以上の夏日になりました。こうした中、札幌市内の家電量販店では新品のエアコンの販売が好調となっています。

このうち札幌市東区の家電量販店でもエアコンの売れ行きが伸びていて、電気料金の値上がりが続く中、省エネ対応の機種が売れ筋だということです。
この店では例年であれば6月ごろになって客足が増えるのに、ことしは雪どけ後の4月ごろからエアコンの購入を検討する客が増え出したということです。
一方、店によりますと毎年、夏場の暑さがピークとなる頃にエアコンの故障や不具合で来店する客もいるということで、店ではこの時期にあらかじめエアコンを試運転して不具合などがないか確認しておくよう呼びかけています。
店の担当者によりますと、試運転をする際は冷房の設定温度を最も低くして冷風が出ているかを確認し、さらに30分ほど運転して水漏れや異臭がないかをチェックするのがよいということです。
「ケーズデンキ東苗穂店」の川口杏奈さんは「7月になるとエアコンの設置や修理の依頼が殺到することになるので、ぜひその前に試運転を済ませておいてもらいたい」と話していました。