参議院選挙 稚内市の高校に期日前投票所を設置へ 道内初

今月22日に公示される参議院選挙で、稚内市の選挙管理委員会は市内の2つの高校で期日前投票所を設けることになりました。道内の高校で期日前投票所が設けられるのは初めてで、若い世代の投票率向上につなげたい考えです。

今回の参議院選挙で、稚内市選挙管理委員会は市内にある稚内大谷高校で今月29日に、稚内高校で今月30日に期日前投票所を設けることにしています。
投票できるのは選挙権を持つ2つの高校合わせておよそ50人の生徒で、授業を終えてそのまま投票できるよう、期日前投票所はいずれも午後3時15分から1時間半、開設されます。
道選挙管理委員会によりますと、道内の高校で期日前投票所が設けられるのは初めてです。
稚内市では去年10月の衆議院選挙で18歳と19歳の投票率は33.62パーセントと市全体の投票率に比べて20ポイント以上低くなっていて、稚内市選挙管理委員会は「高校生が投票しやすい環境を整えることで、若い世代の投票率向上につなげたい」と話しています。