道内有数のトマト産地 北斗市でハウス栽培トマトの収穫盛ん

道内有数のトマトの産地、北斗市でハウス栽培のトマトの収穫が盛んに行われています。

北斗市ではおよそ90軒の農家がトマトを栽培していて、このうち秋山陽介さんの農業用ハウスでは、3月に苗を植えたトマトの収穫が先月下旬から始まりました。
16日も朝から収穫作業が行われ、200グラムほどから400グラムほどに実ったトマトを手で摘み取り、茎をへたの近くで短く切り落としていました。
ことしも去年に続き、収穫までに日ざしが十分あったことから、実が大きく濃厚な味のトマトに仕上がったということです。
「スケサンファーム」の秋山陽介代表は「ことしも順調に育ち、栄養のつまったおいしいトマトができました。長い時間かけて育てたトマトなのでサラダなど生で食べてほしいです」と話していました。
北斗市のハウス栽培のトマトは11月ごろまで収穫が続き、道内のほか関東や関西などにも出荷されるということです。