北斗市で伝統のホッキ漁始まる “甘み強く刺身やフライで”

先端に爪がついた道具を使ってホッキ貝を取る伝統の「ホッキ突き漁」が13日から北斗市で始まりました。

北斗市では13日、ホッキ貝の漁が解禁され午前8時から漁が始まりました。
漁は伝統的な「突き漁」と呼ばれる手法で行われ、漁業者たちは先端に4本の爪が付いた長さ5メートルほどの「ヤス」と呼ばれる漁具で船から海底を突き、感触を頼りに砂の中のホッキ貝を探しだすと、先端の爪で貝を挟んでひとつひとつ引き上げていました。
初日の漁獲量はおよそ150キロで例年通りの水揚げだというこです。
漁業者の坂見英一郎さんは、「北斗市のホッキは甘みが強く柔らかいのが特徴で、刺身やフライなどいろいろな食べ方を楽しんでほしいです」と話していました。
北斗市のホッキ漁は来年3月末まで続き、北斗市や函館市のスーパーなどで販売されるということです。