泊原発の安全審査 北電の対応次第で“中断や不許可ありうる”

31日に裁判所から津波対策が不十分だとして運転を認めない判決が出された北海道電力の泊原子力発電所について、原子力規制委員会の更田豊志委員長は長期化している再稼働の前提となる審査に触れ、北海道電力の対応次第では中断や申請を許可しない判断もありうる考えを示しました。

規制委員会の更田委員長は1日の会見で、31日の判決の受け止めを聞かれ、「原発の安全性についての審査は規制委員会の責任でしっかり進めるもので、今回の訴訟や判決に影響を受けるものではない」と述べました。
その上で、およそ9年続いている泊原発の審査について、「のらりくらり右往左往して原発の安全性などをまじめに立証する姿勢が見られず、あまりに長期間にわたり停滞するのであれば、審査の中断や不許可もありうる」と述べ、北海道電力の対応次第では、中断や、再稼働の申請を許可しない判断もありうる考えを示しました。