北見市 「パートナーシップ宣誓制度」受け付け始まる

北見市が導入した性的マイノリティーのカップルを結婚に相当する関係と認める「パートナーシップ宣誓制度」の受け付けが1日から始まりました。

北見市のパートナーシップ宣誓制度は、性的マイノリティーのカップルを日常生活のパートナーとして結婚に相当する関係と市が認めるもので、宣誓すると受領証と受領証カードが交付されます。
北見市役所の窓口には性的マイノリティーへの理解を求めるレインボーフラッグが掲げられ、1日から受け付けを開始しました。
受領証または受領カードがあるとパートナーと住宅ローンを組む際の必要書類として使えるほか、公営住宅に入居する際にも利用できるということです。
また、同じ制度を導入している札幌市との間の転出入の手続きを簡素化することができるということです。
北見市市民生活課男女共同参画係の三輪英里子係長は「性的マイノリティーの方が互いを人生のパートナーとして生きていくことを市として応援するために始めましたので、申請を考える方は気軽に市役所に相談してほしい」と話していました。
1日の受け付けはありませんでしたが、北見市では受け付けをしたいカップルは事前に電話かメールで連絡を入れてほしいと呼びかけています。