新型コロナ 北海道内で1950人感染確認 3人死亡

道内では26日、新たに1950人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。新規感染者数は2日ぶりに2000人を下回ったほか、前週の同じ曜日に比べて800人以上減っています。

感染が確認されたのは、札幌市で958人、石狩地方で152人、十勝地方で151人、旭川市で141人、胆振地方で133人、函館市で72人、オホーツク地方で61人、釧路地方で55人、空知地方で44人、根室地方で39人、渡島地方で35人、小樽市で32人、日高、上川地方でそれぞれ22人、後志地方で13人、桧山、宗谷地方でそれぞれ6人、留萌地方で4人、道が「その他」と発表した道外の1人を含む4人の合わせて1950人です。
新規感染者数は2日ぶりに2000人を下回ったほか、前週の同じ曜日に比べて861人減っています。
道などによりますと、調査中の40人を除いて中等症が1人、そのほかはいずれも軽症か無症状だということで、全体の半数近くにあたる965人は感染経路が分かっていないということです。
検査数は8171件でした。
一方、これまでに感染が確認された人のうち、札幌市が80代の女性1人、函館市が年齢・性別非公表の1人、小樽市が90代の性別非公表の1人が亡くなったと発表しました。
これで道内の感染者は札幌市ののべ17万4857人を含むのべ35万2592人、亡くなった人は2054人、治療を終えた人はのべ32万9383人となっています。

【道内のクラスター発生情報】
道内では高齢者施設で新たなクラスターが発生しています。
札幌市では特別養護老人ホームで入居者4人、職員2人の合わせて6人の感染が確認されたほか、十勝地方の介護老人福祉施設で入所者16人、職員7人の合わせて23人の感染が確認されました。

【指標でみる道内感染状況】
25日時点の道内の感染状況について、新型コロナウイルス対策を検討するためのレベル分類の指標に基づいて見ていきます。
《全道》
全道では病床使用率が20.1%、重症者の病床使用率は4.3%、人口10万人あたりの直近1週間の新規感染者数は279.2人、人口10万人あたりの療養者数は414.6人となっています。
《札幌市》
札幌市では病床使用率が24.2%、重症者の病床使用率は0%、人口10万人あたりの直近1週間の新規感染者数は299.9人、人口10万人あたりの療養者数は384.1人となっています。
《札幌市を除く地域》
札幌市を除く地域では病床使用率が18.2%、重症者の病床使用率は6.7%、人口10万人あたりの直近1週間の新規感染者数は266.8人、人口10万人あたりの療養者数は432.9人となっています。
《その他》
人口10万人あたりの療養者数は道内を6つに分けた医療圏ごとに見ますと、道南圏が477.4人、道北圏が472.7人とほかの地域に比べて高くなっています。
《まとめ》
病床使用率は全道と札幌市でレベル「2」の指標を上回っています。
また、人口10万人あたりの直近1週間の新規感染者数、人口10万人あたりの療養者数は、いずれも引き続きレベル「2」の指標を大幅に超えています。
人口10万人あたりの直近1週間の新規感染者数は、前週と比べて全道で0.81倍、札幌市で0.83倍、札幌市を除く地域で0.79倍といずれも1倍を下回り、減少しています。