観光船再度つり上げへ サルベージ会社が準備作業開始

知床半島沖で観光船が沈没した事故で、24日、作業船で運ばれる途中に落下した船体を再びつり上げるための準備作業が25日朝から行われています。サルベージ会社はより耐久性のあるベルトを船体にかけた上で、26日にもつり上げ直す予定です。

知床半島の沖合で観光船「KAZU 1」が沈没した事故で、船体は23日に沈没現場の深さおよそ120メートルの海底からつり上げられ、海中につられた状態のままサルベージ会社の作業船で運ばれていましたが、24日、斜里町のウトロ港からおよそ11キロ西の沖合で落下しました。
船体は深さおよそ180メートルの海底に船底を下にした状態で沈んでいるのが確認され、船首付近の手すりが外れている以外には大きな損傷はないということです。
サルベージ会社は船体を再びつり上げるため、25日午前8時半すぎからアームの付いた水中ロボットを海中に下ろして準備作業を進めています。
船体をつっていた5本のベルトのうち2本が切れていたことから、今回は水中ロボットを使ってより耐久性のあるベルトに交換しているということです。
作業が順調に進めば、26日にも船体を再びつり上げて浅い海域まで運び、作業船の上に引き揚げることにしていて、最終的には早ければ27日に網走港に陸揚げする方針です。