南幌町で事故 5人けが うち小学生の男の子 意識ない状態

22日午前、空知の南幌町の交差点近くで乗用車が道路脇にはみ出す事故があり、乗っていた男女5人がけがをして病院で手当てを受けています。このうち小学生の男の子は搬送される際、意識がない状態だったということで、警察が事故の詳しい状況を調べています。

22日午前10時半ごろ、南幌町南17線西の交差点近くで、「車が横転してけが人がいるようだ」と警察に通報がありました。
警察によりますと、乗用車はフロントガラスなどが大きく壊れ、道路の左側にはみ出して止まっていて、乗っていた男女5人がけがをして病院で手当てを受けています。
このうち小学生の男の子1人はドクターヘリで搬送される際、意識がない状態だったということです。
現場は田畑に囲まれた見通しのいい道路で、手前には信号機のない交差点があり、警察は対向車を避けようとして運転操作を誤った可能性もあるとみて事故の詳しい状況を調べています。