【フレンズニュース】日本最北の農業高校 新1年生たちは

「ほっとニュース北海道」で毎週金曜日にお伝えしている「ローカルフレンズニュース」。地域にディープな人脈を持つ道内各地の“フレンズ”たちに地元の旬なニュースや話題を伝えてもらうコーナーです。今回は道北の遠別町でまちづくりをしているNPO法人「えんおこ」の代表理事、原田啓介さんに日本最北の農業高校である遠別農業高校、通称「遠農」について紹介していただきました。

原田さんは自分で撮影した写真を使って遠別農業高校を応援するウェブサイトを運営していて、特にいまの時期は春に入学したばかりの新1年生が気になるといいます。
初めて農業実習や寮生活を体験する生徒も多く期待と不安でいっぱいだということです。
原田さんが1年生に話を聞いたところ、道北の枝幸町出身の盛合洸希さんは「調理師になりたくて食品衛生について学びたいという思いから遠別農業高校に進学しました。食品加工や畜産を学んでみたいです。またバドミントン部の活動も頑張っていきたいです」と意気込んでいました。
また稚内市出身の西岡大吾さんは「農業系の漫画を読んで農業に興味を持ち自分に合う農業高校を探した結果、遠農を選びました。いろいろな食品の加工や調理方法を知って将来の一番の夢でもある家族に手料理をふるまうという目標に向けて頑張っていきたい」と話していました。
ことしの1年生について担任の松川宗平先生は「明るく協力的でパッと動ける生徒が多い」と話していました。
また「遠農」ではサフォークの羊を育てていて、毎年この時期は夏の暑さで弱らないよう毛刈りの実習が行われます。羊は比較的おとなしい動物ですが自分の体よりも大きな羊を抑えるのはひと苦労で生徒たちは力を合わせて毛を刈っていました。
原田さんは「遠別町ではこれから農繁期を迎え農業高校でも実習が活発になってきます。初めて農業に触れる新1年生の活躍が楽しみです」と話していました。