函館市の昨年度ふるさと納税 過去2番目の寄付額

函館市への「ふるさと納税」の昨年度の寄付額は、手続きの仲介をするサイトを市が増やしたことなどから8億7700万円余りと、過去最高だった前の年度に次いで2番目に多い額となりました。

「ふるさと納税」は個人が自治体に寄付すると住民税などの控除が受けられる制度で、昨年度の函館市への寄付額は8億7709万円余りでした。
これは過去最高額だった前の年度、2020年度の9億1173万円余りと比べておよそ3500万円減少したものの、過去2番目に多い寄付額となりました。
これについて函館市は、函館で取り扱いの多いサケの切り身といった水産加工品など食品関連の返礼品に根強い人気があるほか、手続きの仲介をするウェブサイトを増やしたことが功を奏したと分析しています。
函館市経済企画課は「今年度も過去最高を目指して新しい商品の開発に取り組み、見栄えを向上させることで商品の魅力がより伝わるよう工夫していきたい」と話しています。