松前町で男性がやぎにかまれたか 軽いけが 牧場から逃げ出す

16日、松前町の国道沿いで、やぎにかまれたとみられる50代の男性が軽いけがをしました。やぎはその後捕獲され、近くの牧場の経営者に引き渡されたということです。

16日午後2時半ごろ松前町静浦の国道228号線近くで、町内に住む50代の男性が歩いていたところ、突然現れたやぎが左ひざにぶつかり、軽いけがをしました。
やぎはその場からいなくなりましたが、その後、警察などに捕獲され、逃げ出した近くの牧場の経営者に引き渡されたということです。
警察によりますとやぎには角があって体長も大きく、男性は「左ひざをかまれた」と話しているということです。
現場は松前町の中心部から北東におよそ10キロ離れた国道228号線沿いで、警察は牧場の経営者に話しを聞くなどしてやぎが逃げ出したいきさつを確認することにしています。