江差町図書館に新システム タッチパネル検索やネット予約も

江差町は、図書館の本の貸し出し予約などをインターネットで行える新しいシステムを導入しました。

江差町図書館ではこれまで本の貸し出しはカードなどを使って行っていましたが、4月から、利用者が蔵書の検索などを行えるシステムを導入しました。
図書館に設置されたタッチパネル式の端末で本を探すことができるほか、事前に登録すればスマートフォンなどを使ってインターネットで蔵書を検索し、貸し出しを予約することもできるということです。
江差町図書館にはおよそ6万冊の蔵書があり、町内や桧山地方に住んでいる人や通勤・通学をしている人がこのシステムを利用できるということです。
江差町図書館の川村奈津希図書係長は「便利な機能がつきましたので、今まで利用されていた方やそうでない方も、もっともっと図書館を利用してほしいと思います」と話していました。