恵山で登山の男子高校生 行方不明から2年 情報提供呼びかけ

おととし函館市で登山をしていた男子高校生が行方不明になってから15日で2年となり、警察はチラシを配り情報提供を呼びかけました。

函館市深掘町の当時、高校1年生だった佐藤晶さんは、おととし5月15日、家族と登山に訪れた函館市の標高618メートルの恵山で行方がわからなくなりました。
15日で行方不明になってから2年となるのを受けて、警察は恵山の登山口と函館市内の街頭で情報提供を呼びかけました。
このうち市内の商業施設の前では警察官6人がチラシの入ったティッシュを配って、道行く人に情報があれば警察に連絡してほしいと呼びかけていました。
警察によりますと、警察や自衛隊ではこれまでにのべおよそ700人が捜索にあたってきましたが、有力な手がかりは見つかっていないということです。
函館中央警察署の齊藤雅治地域官は「家族が待ち続けていますので発見につながる情報を集めるために、ささいなことでも警察に連絡してほしい」と話していました。
函館中央警察署の電話番号は0138・54・0110です。