七飯町の診療所 12歳未満に新型コロナワクチンを誤接種

道南の七飯町の診療所で今月12日、新型コロナウイルスワクチンの接種の対象となっていない12歳未満の子どもに対し、誤って接種していたことが分かりました。

七飯町によりますと、町内の診療所で12日、ワクチン接種の対象となっていない12歳未満の子どもに誤って接種したということです。
診療所では当時、日本脳炎のワクチンと新型コロナウイルスワクチンの接種を同じ部屋で行っていて、誤って接種を受けた子どもは日本脳炎ワクチンを接種する予定で訪れていましたが、診療所がワクチンを取り違えたということです。
接種した直後に取り違えに気付き、子どもは翌日の午後に37度9分の発熱が見られましたが、すぐに熱は下がり、その後、体調に変化はないということです。
町は今後、2週間程度、体調に変化がないか経過観察を行うことにしています。
七飯町新型コロナウイルスワクチン接種対策本部の矢口真也係長は「診療所に対して、再発防止に努めるよう強く求めるとともに、誤って接種を受けた町民の健康管理の徹底に努めて参ります」と話しています。

【専門家の話】
12歳未満へのワクチン接種について、新型コロナウイルスに詳しい札幌医科大学の横田伸一教授は、「海外では2歳程度までワクチンの接種を進めようという動きもあり、研究も進んでいる。12歳未満に接種をしたとしても、健康に大きな懸念はないと考えられている」と話しています。
一方で、「幼い子どもに接種した場合の副反応についてはまだ分かっていない部分が多く、大人ではほとんど見られない副反応が出るかもしれないので2週間から4週間程度は経過観察をする必要がある」と指摘しています。