流氷観光船で間近に体感 紋別市でホタテ漁見学クルーズ

流氷観光船に乗って沖合でのホタテ漁を間近で見学するクルーズが紋別市で行われました。

このクルーズは紋別市が全国に誇るホタテの漁の様子を楽しんでもらおうと、流氷観光船の運航会社が初めて企画しました。
22日はおよそ80人の市民や観光客が「ガリンコ号3」に乗り込んで午前8時に紋別港を出港し、7キロほど沖合のホタテ漁が行われている場所に向かいました。
漁の現場ではホタテ漁船が網をあげる迫力ある様子を元ホタテ漁師の解説を聞きながら見学しました。
1時間ほどのクルーズを終えると、参加者は併設されたフードコートで紋別産のホタテを使った料理を味わい、夏のオホーツク海を満喫していました。
家族で乗船した9歳の男の子は「お父さんがホタテ漁船に乗っているので見に来ました。初めてホタテ漁を見て感動しました」と話していました。
このクルーズは22日と来月7日と9日、28日の合わせて4回行われる予定です。