春の観光シーズン控え 支笏湖畔の温泉で露天風呂の大掃除

春の観光シーズンを前に、千歳市の支笏湖近くにある温泉旅館で毎年恒例となっている露天風呂の大掃除が行われました。

支笏湖のほとりにある「丸駒温泉旅館」は、湖に面した天然露天風呂が人気です。
露天風呂は1年を通して温泉が湧き続けていますが、この時期は降水量が減少して湧くお湯の量も減るのにあわせて湯船の掃除を行っています。
8日は朝から従業員と常連客のボランティアがポンプで湯船のお湯を抜きながら、高圧洗浄機などを使って岩についた湯あかを落としたり、沈んでいた落ち葉を取り除いたりしました。
この旅館では新型コロナウイルスの感染拡大の影響で先月の宿泊客の数が例年の6割ほどに落ち込みましたが、今月は道が宿泊客向けの新たな割り引き事業を始めたこともあり、回復傾向にあるということです。
丸駒温泉旅館の吉田泰成さんは「汚れをきれいに落としたので、観光シーズンを迎える支笏湖に来てもらって、温泉にゆっくりつかってほしい」と話していました。