道南の農作物 スープで味わって

道南の農作物の良さを知ってもらおうと、温かいスープを販売するイベントが函館市で開かれました。

このイベントは函館市や北斗市の農家や料理店のシェフたちが、道南の農作物を地元の人に味わってもらおうと企画し、道南で採れた長芋やじゃがいも、チコリー、そしてお米を使ってスープを作りました。
道南生まれのお米「ふっくりんこ」を使用したスープは、隠し味のみそが米本来の甘みを引き出します。
スープを買って飲んだ人は「お米のクリーミーさが出ていてすごく優しい味で飲みやすい」と話していました。
出店した農家は「スープを飲んで地元の野菜のおいしさを知ってもらい、地元の野菜を食べるきっかけになればと思い作った」と話していました。
また、他の農家は「道南の農作物で新しい食の楽しみ方を提案していきたい」と話していました。